W THE ORIGINAL ICON JAPAN SINCE 1965 エンブレム

KawasakiKawasaki

モーターサイクルは、面倒な乗りものだ。 雨風は防げないし、手入れの手間もかかる。だけど、かつては当たり前のようにいつも一 にいた。“何か”を求めて、ずっと一 に走っていた。大人と呼ばれる年頃になった今だからこそ、その“何か”が鮮明に見える気がする。モーターサイクルは、ドキドキさせる乗りものだ。モーターサイクルは、面倒な乗りものだ。 雨風は防げないし、手入れの手間もかかる。だけど、かつては当たり前のようにいつも一 にいた。“何か”を求めて、ずっと一 に走っていた。大人と呼ばれる年頃になった今だからこそ、その“何か”が鮮明に見える気がする。モーターサイクルは、ドキドキさせる乗りものだ。

Memoriesメモリーズ

水平線の先の景色

はじめて買ったモーターサイクルで向ったのは海。どこまでも続く水平線を眺めながら、とめどなく涌き上がる高揚感に溺れそうになった。この先どこまでも走っていける、そう思った。

水平線の先の景色
充足の停留所にて

充足の停留所にて

雨宿りに駆け込んだバスの停留所。びしょ濡れのからだに、熱い缶コーヒーを流しこむ。濡れたアスファルトの匂いと、あたたかい充足感が僕を包んだ。

汚れと誇りの相関性

週末はガレージで愛車のメンテナンス。オイルの匂いにまみれ、煤でジーンズが黒ずむ。「またこんなに汚して!」…
小言がアタマにチラつく。でも、なぜだか誇らしい気分だった。

汚れと誇りの相関性
自由という名の道で

自由という名の道で

後方から走ってきた汽車と並走する。乗っている乗客がこちらに向って手を振っている。手を振り返し、アクセルを開けてハンドルを切った。道はあらゆる選択肢にあふれている。

ハイウェイの銀幕

タンクローリーのシルバータンクに僕が映りこむ。魚眼レンズに切りとられたロードムービーのように。そんな姿に酔いしれた。

ハイウェイの銀幕

記憶が呼び起こすエモーションが、
新しいバイブレーションを生みだす。

カワサキ・ネオクラシック
W800 STREET / W800 CAFE、誕生。

W800 STREET

W800 STREET
<2019年3月1日発売>

W800 CAFE

W800 CAFE
<2019年3月1日発売>

Conceptコンセプト

W THE ORIGINAL ICON JAPAN SINCE 1965 エンブレム

継承と進化の美しい調和

1966年に登場した当時、日本で最大の排気量を持つモデルであったW1。このモデルは、カワサキの大排気量モーターサイクルメーカーとしての第一歩であり、また、世界最速のバイクを造り上げるというスピード追求姿勢の先駆けとなった。 そして時代が流れ、オリジナルのWが持つ真のクオリティと時代を超越した美しさを持ち合わせた2つのニューモデルが誕生。

W800 STREET と W800 CAFE。
50年にわたるWブランドの最新進化系。
ヴィンテージテイストを求めるライダーにとって、最高の選択肢だろう。

エキゾーストサウンド

360°クランクの特性を活かした鼓動感のあるW800 STREET、W800 CAFEのエキゾーストサウンドをお楽しみください。

スピーカーアイコンを押すとエキゾーストサウンドが再生されます。ボリュームにご注意ください。

With PartnerWとともに歩む生活

【試乗予約】

50 年にわたる「W」ブランドの血脈を受け継ぐ最新モデル W800 STREET、W800 CAFEをお近くのカワサキプラザ・カワサキ正規取扱店でご体感ください。

試乗予約はこちら

【カタログ請求】

オンラインでお申込みいただくと、W800 STREET、W800 CAFEカタログを無料でお手元へお送りいたします。

カタログ請求はこちら