HISTORY

HISTORY

W

日本のモーターサイクル市販車の大半が125㏄クラスの小排気量車だった1960年代に、4ストローク624cm3という巨大な排気量と強烈な動力性能を誇った孤高の存在、W1。Wは「最速」を標榜とするカワサキスピリットの始源であり、かつ、当時の日本人ライダーの憧憬でもあった。

prologueprologue
オリジナル
カワサキ500メグロK2

日本製のモーターサイクルがまだ、ほんの一握りを除いて小排気量車しかなかった時代。OHV並列2気筒496cm3という、世界基準のビッグバイクをすでに販売していたカワサキ。エンジンは1927年創業の名門バイクメーカー、目黒製作所の同排気量並列ツイン「K」がルーツである。カワサキは1960年代に目黒製作所を合併し、戦前から続く同社の技術を継承。1965年に発売されたK2は、目黒時代のKの設計を元に川崎航空機内で新たに設計されており、耐久性、最高速度ともに向上を果たしていた。このK2ベースの試作車を経て、W1が登場することになる。

W W
19651965
伝説の始まり
650-W1

当時、海外の二輪市場のなかでも特に重視すべきはアメリカであった。125B8の対米輸出で端緒を開いたカワサキは、アメリカ市場の大型車志向へ対応するため、K2の排気量をアップ。496cm3エンジンのボアを8mm拡げ、総排気量を624cm3にスケールアップした。排気量をアップした試作車の一般公開は1965年の第12回東京モーターショーだったが、平行して川崎重工・明石工場では、すでにW1の量産車製造ラインが稼働しており、次々とラインオフするW1は座して発売を待つのみとなっていた。W1の最高速はK2の165km/hを凌ぐ180km/h超。0-400mは13.8秒という俊足を記録した。モーターサイクルの顔ともいえる燃料タンクのカラーは、アメリカ市場を考慮し、真紅のキャンディカラーと上質なクロームメッキという組み合わせを選択。それまで落ち着いた配色が主流だった日本産モーターサイクルのなかで、斬新と言えるデザインとなった。翌1966年2月より開催された全米各地の展示会でW1は大好評を博し、発売前から注文が殺到。このW1により、カワサキはビッグバイクメーカーとして世界中に知られるようになった。

W W W W
19671967
世界進出の礎
650-W1SS/W2SS

北米向けに、現地のニーズに合わせたバリエーションモデルをリリース。サイドカバーにレーシングフラッグをイメージしたデカールをあしらい、弾けるような排気音のショートマフラーや、スポーティに短くカットした前後フェンダーを備えたW1SSを皮切りに、W2SSも開発。W2SSはツインキャブレターを採用し、吸気バルブを2mm拡大した38mm径に変更することで、47PS/6500min-1だった最高出力は53PS/7000min-1に向上した。

W W W W W W
19681968
ハイウェイ時代に対応
650-W1S

W2SSの日本向けモデルとしてリリースされたW1スペシャル(通称W1S)。ツインキャブレターとなり、最高出力はW2SSと同じ53PSとなっている。W1では速度計とタコメーターが一体式だったが、W1Sではセパレート型へと変更。ちなみに、W1S初期モデルまでのターンシグナルは前後両面レンズを持ったタイコ型と呼ばれる形状のものを、長いステーに取り付けたものだった。これはアメリカ法規に適合させたものであり、速度表示220km/hフルスケールの採用も含め、ハイウェイ時代が到来した世界市場を強く意識したものとなっている。

W W W W
19681968
北米で人気の
スクランブラーを追加
650-W2TT

マフラーをアップタイプとしたスクランブラーモデル。クロームメッキの燃料タンクを、後期型ではオールペイントに変更。これは、後年のタンクデザインのひとつの転換点といえるものでもあった。Wシリーズで大型車ブームに先鞭をつけたカワサキは、同年に2ストローク3気筒489cm3のH1 マッハIIIの輸出もスタート。タンクはW同様ツートーンに塗り分けられ、大排気量車のなかでもひときわ異彩を放つ存在となった。

W W W
19711971
味わい深さが評価
650-W1SA

北米市場において、60年代後半からマッハシリーズが成功。1972年には900 スーパー4(通称Z1)がリリースされ、爆発的ヒットを記録。カワサキ=ビッグバイクとの認知がなされていった。その一方でWシリーズのバーチカルツインに対する人気は日本国内で根強く、右足シフトチェンジ、左足ブレーキペダルという英国式の操作を、左チェンジのドイツ式に改良したW1SAがヒット。味わい深いビッグバイクといえばW、という図式が確立した。

W W W
19731973
生産終了後に
価格高騰
650RS (W3)

1973年の650RS(通称W3)は、フロントダブルディスクブレーキをカワサキ車で初採用。日本国内では900 スーパー4(通称Z1)のダウンサイズ版である750RS、いわゆるZ2が登場し、ナナハンブームで沸いたが、テイスティなエンジンフィーリングのWは、特に伝統を愛する日本のライダーに高く評価され続けた。650RSは74年に生産が打ち切られるが、販売終了が知れ渡ると新車にプレミアム価格がつき高騰するという、当時では非常に珍しい現象が起きた。

W W W
19921992
メグロの再来
Estrella

1992年に登場したエストレヤは、Wの源流であるメグロ(目黒製作所)のヒット作、250メグロSGの意匠を色濃く反映したモデル。クラシカルなスタイルはその再来と評された。モーターサイクルらしいエンジンの鼓動や、豊かな中低速、排気音をゆったりと楽しめたエストレヤは、旧Wシリーズで評価された魅力を備えており、血縁関係にある弟分といえる。現在は特徴的な鞍型シートをオーソドックスなダブルシートに変更、W250(※海外向けモデル)として、Wシリーズを構成する人気車となっている。

W W
19991999
復活
W650

四半世紀ぶりに復活したWは、シリンダーが直立した空冷2気筒を新規設計。味わい深く独特なパルス感を生み出す360度クランクを採用、排気量は675cm3であるにも関わらず、ネーミングは650とし、新時代のW象徴として登場した。初代Wの持っていたカムチェーントンネルのないシンプルで美しいヘッドまわりを表現するため、SOHC4バルブのカム駆動に、コストと手間のかかるベベルギア(傘歯車)駆動を採用。Wシリーズを名乗るのに相応しい外観を、エンジン単体でも表現している。ファイナルエディションが限定発売された2009年まで、幅広いライダーに愛された。

W W W
20062006
ファン層拡大
W400

2006年には日本の免許制度に合わせたW400をリリース。初心者の取り回しを考慮し、シート高を下げている。スピードやパワーといった性能至上主義から一線を画したテイスティな車体構成が好評を博し、新たなユーザー層に対するWシリーズの門戸を拡大した。

W W W
20112011
排気量アップ
W800

W650の後継として登場。ボア・ストローク72×83mmのボアを5mm拡げ、675cm3だった排気量を773cm3にスケールアップ。W650同様のトラディショナルな美しさが漂うスタイルと、ツインならではの小気味よいサウンドを奏でるマフラーをそのままにして蘇った。メーターは伝統的な2眼タイプ、前後フェンダーはクロームメッキ仕上げのスチール製、バフ研磨やクリアコートを各部に施し、Wシリーズにふさわしいディテールを受け継いでいる。2016年のファイナルエディションをもって生産が終了した。

W W W W
20172017
世界へ浸透する
Wブランド
W175
※海外向けモデル

インドネシアで爆発的人気を獲得しているWシリーズの末弟。最高出力13PS/7500min-1を発揮する、トルクフルなSOHC空冷シングルエンジンを搭載。ダブルクレードルフレームにタックロールシート、W800と同形状のマフラーなど、Wシリーズの遺伝子を忠実に受け継いでいる。吸排気系はフューエルインジェクションではなく、ミクニ製VM24キャブレターを採用し、現地での整備性に配慮する。(※海外向けモデル)

W W W

NEW MODELS